3月 19, 2018 19:49 Asia/Tokyo
  • エドワード・スノーデン元CIA局員
    エドワード・スノーデン元CIA局員

アメリカのエドワード・スノーデン元CIA局員が、「フェイスブックは監視システムであり、ソーシャルネットワークの名の下に人々を欺いている」と語りました。

アメリカの保守系新聞ワシントン・エグザミナーのインターネットサイトによりますと、現在ロシアに亡命中のスノーデン氏は最近、「フェイスブックは、ソーシャルネットワークの名のもとに活動する監視機関だ」と述べました。

スノーデン氏は、ツイッター上で、「一般人のプライベートな生活に関する情報を集め、売り上げや収入を得るビジネスは、監視機関とよぶべきだろう」としました。

さらに、「それらのビジネスを行う人は、戦争省から国防省に名称を変更するのと同様に、監視機関をソーシャルネットワークという呼び名に変更して巧みに人々を欺いている」と語っています。

 

タグ