11月 29, 2018 18:47 Asia/Tokyo
  • アルゼンチンでの抗議デモ
    アルゼンチンでの抗議デモ

アルゼンチンの市民らが、G20・主要20カ国地域サミットの開催と、サウジアラビアのムハンマド皇太子の同会合への参加に抗議し、首都ブエノスアイレスにて抗議デモを行いました。

アルアーラム・チャンネルによりますと、ブエノスアイレス市内の街頭に数千人の人々が繰り出し、G20サミット開催とムハンマド皇太子をはじめ各国の政府関係者らがこの会合に出席することに抗議の声を上げました。

抗議者らは、プラカードを掲げてG20の提案を非難し、「G20がわが国の天然資源を利用している」と非難しました。

また、ムハンマド皇太子への反対の意を表明するため、在アルゼンチン・サウジアラビア大使館を包囲し、イエメン人虐殺や人権違反といったムハンマド皇太子の行動を非難しています。

 

 

サウジ人記者ジャマル・カショギ氏殺害や、今回のG20会合へのムハンマド皇太子の出席といった、最近の情勢に注目し、G20会合はサウジアラビアへの圧力行使と質疑の場となる可能性があります。

なお、今回のG20会合開催にあたり、2万2000人の警察部隊が保安・警備にあたっています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 

タグ

コメント