1月 02, 2019 17:12 Asia/Tokyo
  • 米空母
    米空母

中国人民解放軍国防大学の羅援副学長が、「東シナ海や南シナ海の領有権をめぐる対立は、アメリカの空母2隻を沈没させることで解決できる」と語りました。

イルナー通信によりますと、同副学長は、「アメリカの空母には護衛艦がついているが、中国の巡航ミサイルや新型ミサイルの防衛能力は、これらの空母への攻撃に必要なレベルを超えている」と述べました。

中国は、これまで何度もアメリカに対し、南シナ海での挑発的な作戦を中止するよう求めており、「アメリカは海上航行の自由を口実に国際法に違反し、中国の主権や地域の安定にとっての脅威となっている」と非難しています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 

タグ

コメント