2019年04月07日20時18分
  • 中国商務省の高峰報道官
    中国商務省の高峰報道官

中国が、WTO・世界貿易機関の改革に関するアメリカの要求に決して屈しないとしました。

香港を拠点とするオンライン新聞・アジアタイムズによりますと、中国商務省の高峰(Gao Feng)報道官は、「わが国は、アメリカに屈服するつもりはなく、発展しつつある国としてのWTO加盟国としての立場を守る意向である」と語りました。

しばらく前に、中国の商務省は、多国間の貿易システムやWTOでの改革を断固として支持し、明白に一極主義とそれの支持に反対する」と述べました。

WTOの法的構造は、中国をはじめとする発展途上国のための利点や例外を決めているものの、アメリカ側は、中国が現在の立場を失うことになるような改革を求めています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント