2019年04月18日19時47分
  • 貿易品
    貿易品

アメリカが、日本との貿易赤字の増大を懸念しています。

ロイター通信が、アメリカ・ワシントンから伝えたところによりますと、アメリカ商務省は17日水曜、日米貿易交渉の第1ラウンドの狩猟に際して、「アメリカは、対日貿易赤字がここまで増大したことを懸念している」と表明しました。

日本の茂木経済再生相は、2日間にわたる交渉の終了に際して、「二国間協定の締結を目的とした協議は、未解決の問題についての合意にはつながらなかったと述べました。

アメリカ商務省が発表した声明では、「日本と中国は、通商における重要な結果に至るための自らの共通の目的を強調している」とされています。

アメリカのトランプ大統領は、「日本は対米貿易で非常に膨大な黒字となっている」と語りました。

昨年の日本の対米貿易黒字は676億ドルに達しており、その多くは自動車の販売によるものです。

アメリカは日本に対し、自国の経済の門戸をもっとアメリカの企業や投資家に対し開放すること、そしてアメリカ製品に対する関税の引き下げを求めています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント