May 12, 2019 18:50 Asia/Tokyo
  • ウェールズの住民らによるデモ
    ウェールズの住民らによるデモ

グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国・イギリスを構成する4つの国の1つ・ウェールズの住民ら数千人が、同地域の中心都市カーディフにおいて、ウェールズのイギリスからの独立を支持するデモを行いました。

ファールス通信によりますと、このデモの参加者らは11日土曜、カーディフ市内の街頭に繰り出し、ウェールズの国歌を歌いながら、イギリスからの分離独立を求めました。

ウェールズの住民らによるデモ

イギリスでは、2016年に同国のEU離脱・ブレグジットに関する国民投票が実施されたことで、ウェールズのほかにもイギリスを形成する国の1つ・スコットランドの分離独立要求が高まっています。

イギリスを形成するイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの各地域の人々は2016年6月23日、国民投票においてイギリスのEU離脱に賛成票を投じました。

しかし、最近の世論調査の結果からは、イギリス国民の過半数が同国がEUに残留したほうがよい、と考えていることが明らかになっています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ