2019年05月18日19時01分
  • 中国外務省の陸慷(りく・こう)報道官
    中国外務省の陸慷(りく・こう)報道官

中国外務省の陸慷(りく・こう)報道官が、「アメリカは、中国との貿易交渉の実施を渋っている」と語りました。

イルナー通信によりますと、陸報道官は「わが国は、協議によるアメリカとの通商分野での対立解消を望んでいるが、アメリカ側からの一部重大な支障が生じている」と述べました。

中国商務省も声明を発表し、各国に対するアメリカの一方的な制裁に異論を唱えると同時に、アメリカに対し自らの誤った政策を見直すよう求めました。

対立の解消を目指した、アメリカと中国による貿易交渉の新ラウンドは先週、物別れに終わりました。

アメリカは最近、中国製品2000億ドル相当に対する関税を10%から25%に引き上げ、さらに3250億ドル相当の中国製品に対してもこの割合での関税賦課を視野に入れています。

アメリカの一連の行動を受け、中国もアメリカからの輸入品600億ドル相当に対する関税を最大25%に引き上げました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント