May 21, 2019 19:47 Asia/Tokyo
  • 南シナ海での米駆逐艦の駐留
    南シナ海での米駆逐艦の駐留

中国が、改めて南シナ海におけるアメリカの挑発行為に警告を発しました。

ロシア・スプートニク通信によりますと、南シナ海へのアメリカの駆逐艦の派遣、ならびにアメリカと中国の関係の緊迫化を受け、中国外務省報道官は、中国の国家主権の侵害を理由にアメリカを非難しています。

アメリカ軍は20日月曜、声明を発表し、「わが国の駆逐艦プレブルは、誘導ミサイルを搭載しており、南シナ海に派遣されている」と表明しました。

南シナ海は、現在中国のほか、台湾、ベトナム、フィリピン、ブルネイの領有権争いの焦点となっており、中国はこの海域の90%以上の領有権を主張しています。

南シナ海に浮かぶ島々は、石油や天然ガスなどの豊富な資源が埋蔵されています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント