6月 04, 2019 18:20 Asia/Tokyo
  • 謹慎中の北朝鮮・キム委員長の妹が、約50日ぶりに公式行事に参加
    謹慎中の北朝鮮・キム委員長の妹が、約50日ぶりに公式行事に参加

謹慎説が飛び交っていた、北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の妹、キム・ヨジョン党中央委員会第1副部長が、同国のピョンヤンで実施された公式行事に52日ぶりに参加し、謹慎報道を打ち消した形となりました。

韓国の新聞・朝鮮日報は先週、「北朝鮮のキム委員長は、今年2月のアメリカのトランプ大統領との核交渉の決裂を受け、実の妹を主要ポストから外し、謹慎命令を出していた」と報じました。

IRIB通信によりますと、キム・ヨジョン氏が最後に公の前に姿を見せたのは今年4月の最高人民会議第14期第1回会議への代議員としての参加だったとされています。

キム・ヨジョン氏は、北朝鮮の権力中枢の1人であり、キム委員長にとって信頼できる側近中の側近とされ、トランプ大統領や韓国のムンジェイン大統領との会談の際にも、キム委員長に同伴していました。

これに先立ち、アジアのメディアの一部は、北朝鮮が2月の米朝首脳会談が物別れに終わった責任を問い、金革哲(キム・ヒョクチョル)対米特別代表、および事務レベルの交渉を行った4人の外務省担当者を処刑した、と報じていました。

しかし、こうした報道も、キム委員長とともに移っているキム・ヒョクチュル対米特別代表の動画が発表されたことから、否定された形となっています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント