2019年06月20日16時41分
  • 米・民主党のナンシー・ペロシ下院議長
    米・民主党のナンシー・ペロシ下院議長

アメリカ民主党のナンシー・ペロシ下院議長が、「イランを挑発すべきでない」とした上で、「オマーン海で襲撃された船舶はアメリカ船籍ではなかった」と語りました。

ペロシ議長は、ペルシャ湾海域で生じた緊張に懸念を示し、「報道各社は、この問題に関する正しい情報伝達により、緊張緩和に寄与すべきだ」と述べました。

また、「イランに関して、数々の目算の狂いが生じる可能性を懸念している」としました。

さらに、「イランは、自らの決めた行動の継続において躊躇することはない」とし、「我々は、イランを挑発してはならない」と強調しました。

ペロシ議長はまた、「トランプ大統領がイラン核合意離脱を決定したのは誤りだった」とし、「米政府が一定の形で行った核合意離脱は、きわめて大きな誤りだった」と述べました。

今月13日、オマーン海でタンカー2隻が攻撃を受け、火災が発生しました。

この事件が報道されると、ポンペオ米国務長官は正当な根拠を示すことなく、この襲撃をイランによるものだとしました。一方のイランはこれを強く否定しています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント