2019年07月11日20時42分
  • ロシア外務省
    ロシア外務省

ロシア外務省が、「ジブラルタル海峡でのイギリス海兵隊によるイランのタンカーの拿捕は、イギリス政府の恥の元凶だ」と表明しました。

レバノンのアルマヤーディン・テレビによりますと、ロシア外務省は11日木曜、「イギリス政府は、イランのタンカーの拿捕しておきながら、緊張煽動の責任をイランに転嫁しようとしている」としています。

ロシアのリャブコフ外務次官

ロシアのリャブコフ外務次官も10日水曜、「ホルモズ海峡におけるイギリスのタンカーの護衛は嫌悪すべきものだ」とし、「このような行動は、地域情勢を複雑化し、軍事衝突の危機をあおる可能性がある」と語りました。

ロシアはこれ以前にも、声明を発表し、「イギリスがジブラルタル海峡でイランのタンカーを拿捕したことは、核合意維持の必要性というヨーロッパの主張とは矛盾している」としています。

今月4日、イギリス海兵隊が違法な行動に出て、アメリカの要請により、ジブラルタル海峡でイランのタンカーを拿捕しました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント