2019年07月24日20時11分
  • 在アフガン国連事務所
    在アフガン国連事務所

国連が、アフガニスタン東部ロガール州に対する米軍の攻撃で民間人が死亡したとの報道を認めました。

タスニーム通信によりますと、在アフガン国連事務所は24日水曜、声明を発表し、「ロガール州に対する米軍の最近の攻撃で女性3人と子ども4人を含む民間人9人が死亡、ほか6人が負傷した」と表明しました。

同国連事務所はまた、米軍に対し、同軍の攻撃による犠牲者の支援、民間人の殺害に関する調査結果の公表を求めています。

これ以前にも情報筋が、アフガニスタンのヘルマンド、バードギース、ガズニーの各州で米軍攻撃により民間人が死亡したと報じていました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

http://youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント