2019年07月29日20時20分
  • ピート・ブティジェッジ氏
    ピート・ブティジェッジ氏

来年の米大統領選に出馬を表明している民主党のピート・ブティジェッジ氏(37)が、トランプ政権の行動に不満を示すとともに、同大統領を人種差別主義者だとしました。

アメリカの地元雑誌デッドラインの電子版によりますと、ブティジェッジ候補は28日日曜、「我々の世代は、米国史上初の黒人大統領の誕生を目の当たりにした。だが、その後は1人の人種差別主義者がホワイトハウス入りした」と語りました。

また、「アメリカは人種差別主義が体系的に浸透する方向へと向かっている。自分はこの問題を黒人とだけでなく、白人とも話し合いたい」と述べました。

アフガン戦争に従軍した退役軍人でもあるブティジェッジ氏は、終わりなきアメリカの戦争への反対派でもあり、来年の大統領選に当選した暁にはイラン核合意に復帰すると約束しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

http://youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント