2019年08月07日19時39分
  • 中国外務省の華 春瑩報道官
    中国外務省の華 春瑩報道官

中国外務省の華 春瑩(か・しゅんえい)報道官が、朝鮮半島での緊張緩和に向けて関係国すべてが努力を継続するよう強調しました。

中国・新華社通信によりますと、華報道官は朝鮮半島に関わるすべての関係国に対し、苦労の末に達成された関係改善および協議推進に努力するよう求めました。

また、「朝鮮半島情勢は非常に微妙かつ緊迫した局面を迎えている」と語りました。

これに関して、北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長は6日火曜、「最近のわが国のミサイル発射実験は、アメリカと韓国の合同軍事演習に対する警告だ」と表明しています。

北朝鮮は米韓合同軍事演習開始の翌6日午前、この2週間で4回目となる2発の新型ミサイルの発射実験を行いました。

こうした中、米韓合同軍事演習は5日月曜、北朝鮮の警告を無視する形で開始され、約2週間の日程で行われる予定です。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

http://youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント