2019年08月15日20時31分
  • プーチン大統領とキム委員長
    プーチン大統領とキム委員長

ロシアのプーチン大統領と、北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長が、二国間関係の拡大を強調しました。

イルナー通信によりますと、プーチン大統領とキム委員長は、朝鮮半島が旧ソ連の支援により、日本の占領支配から解放された74周年記念にちなんで、祝賀および友好、協力拡大のメッセージを相互に送信しています。

プーチン大統領はキム委員長に宛てたメッセージにおいて、「ロシアと北朝鮮の関係が協力合意に基づき拡大するよう期待する」と述べました。

一方のキム委員長も、これに対する返信において、「両国の国民は、相互に友好関係にあり、この関係は経済・政治面でも拡大している」と語っています。

1945年8月15日、旧ソ連軍は朝鮮半島を日本の植民地支配から解放しました。

この出来事を記念し、北朝鮮・ピョンヤン市内中心部には日本の植民地支配からの解放を記念するモニュメントが建てられています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント