2019年08月18日05時05分
  • ジャマール・カショギ氏の殺害に抗議する活動ら
    ジャマール・カショギ氏の殺害に抗議する活動ら

CIAアメリカ中央情報局が、サウジアラビアの反体制派ジャーナリスト、故ジャマール・カショギ氏の殺害に関する文書の一部を公開しました。

メフル通信によりますと、アメリカの地方裁判所の命令により、CIAはカショギ氏殺害に関する資料の一部を公開しました。

この資料の一部においては、カショギ氏の殺害にサウジアラビアのムハンマド皇太子が直接関与していることが指摘され、CIAの専門家による、カショギ氏の殺害の初期段階の結論として、カショギ氏殺害にムハンマド皇太子が大きく関与した可能性があると記されています。

CIAのハスペル長官は、昨年12月の米上院での非公式会合において、ムハンマド皇太子がカショギ氏殺害を命じたと断定し、「カショギ氏殺害という残忍かつ事前に仕組まれたこの殺害事件の責任者はムハンマド皇太子だが、米トランプ政権内の流れもこの事実を隠蔽しようとしている」と語りました。

ジャマール・カショギ氏はこれまで度々、サウジアラビア政府を市民権蹂躙やイエメンでの戦争犯罪を理由に非難していましたが、昨年10日2日、トルコ・イスタンブールにあるサウジアラビア総領事館内で惨殺されました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント