2019年08月21日02時14分
  • 世論調査
    世論調査

最新の世論調査の結果、アメリカ国民の多くが同国政府に対し、イランに対する軍事措置や脅迫ではなく、外交手段を活用するよう求めていることが明らかになりました。

米国の世論調査会社ギャラップのインターネットサイトは報告の中で、「米共和党支持派のうち、72%がイラン核計画をめぐる対立解消に向けて外交や経済分野での努力を支持しているのに対し、イランへの軍事行動を支持しているのは25%に留まる」と伝えました。

また、「民主党支持派の場合は、全体の86%がイラン核計画に対処する上で経済や外交分野での努力を支持し、対イラン軍事行動を支持するのはわずか11%」としています。

さらに、民主党派の大半(85%)を含む米国人全体の65%が、イラン核計画の対処にあたり米政府がすぐ軍事手段に言及することを懸念している事実が判明しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント