2019年08月22日18時25分
  • パキスタンのカーン首相
    パキスタンのカーン首相

パキスタンのカーン首相が、「インド政府は、自らが実効支配するカシミール地方の問題に関して、パキスタンと協議する意向はまったくない」と語りました。

カーン首相は、22日木曜に発表された、アメリカの新聞ニューヨークタイムズとのインタビューで、インド政府によるカシミール地方の自治権剥奪決定をめぐる、インドとパキスタンの最近の緊張に触れ、「インド政府の侵略的なやり方により、カシミール地方の800万人の住民の生命が危険にさらされている」と述べています。

また、ジャム・カシミール州に対する国連平和維持軍と国連監視団の派遣を求めました。

インド議会がカシミール地方の自治権剥奪を決定し、インドとパキスタンの関係が緊迫化したことを受け、パキスタンはインドに対する抗議として、インドとの外交関係を最低レベルに引き下げました。

パキスタンはまた、インドとの通商・文化交流を正式に停止しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント