2019年08月26日13時17分
  • バングラデシュでのロヒンギャ族難民によるデモ
    バングラデシュでのロヒンギャ族難民によるデモ

大勢のロヒンギャ族のイスラム教徒難民が、バングラデシュに逃れてから満2年となる節目にデモを行いました。

IRIB通信によりますと、バングラデシュの難民キャンプでロヒンギャ族のイスラム教徒のうちおよそ20万人が「ロヒンギャ族万歳」というスローガンを叫び、同国に避難してから満2年の節目にちなんでデモを開催しました。

ミャンマーのロヒンギャ族難民の指導者の1人は、祖国帰還への希望を表明するとともに、「ミャンマー政府から、自分たちに対する安全保障という確約がなされるべきだ」と述べました。

この報道によれば、デモ参加者らはこの他に、退去を迫られた市町村に戻る許可及びミャンマー国籍の保持を要求しています。

ミャンマー政府は、ロヒンギャ族のイスラム教徒を市民として正式に認めていません。

2017年8月25日以来、ミャンマー西部ラカイン州でロヒンギャ族のイスラム教徒に対する政府軍や過激派仏教徒の襲撃により、6000人以上が死亡、8000人が負傷、およそ100万人が隣国のバングラデシュに避難しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント