2019年09月11日19時49分
  • キムジョンウン朝鮮労働党委員長
    キムジョンウン朝鮮労働党委員長

北朝鮮が、同国のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の直接の監視のもと、極めて大型の多目的ミサイル発射台の実験を行ったことを明らかにしました。

北朝鮮の朝鮮中央通信は11日水曜、この多目的ミサイル発射台実験が10日火曜、キム委員長の立会いの下に行われたと伝えました。

この報道によれば、キム委員長は防衛分野での恒常的な発展を目的に、将来の責務、方策に関して府関係者に命令を発出したということです。

韓国のメディアは10日、北朝鮮が短距離ミサイルの発射実験を行ったと報じていました。

北朝鮮が、今夏連続して実施しているミサイル発射実験は、米国との非核化交渉の行き詰まりへの不満の表れと見られています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント