2019年09月14日20時14分
  • ムニューシン長官
    ムニューシン長官

アメリカのムニューシン財務長官が、イランに対する融資の信用枠の設置はアメリカの同意抜きには不可能だと表明しました。

ファールス通信によりますと、ムニューシン長官は13日金曜、「フランスは米国の同意なしには、イランに対する150億ドル規模の融資の信用枠を設置できない」と語りました。

同長官は12日木曜にも、「米政府は、依然としてイランに対する最大限の圧力をかけ続ける」としました。

フランスはこれまで、対イラン融資信用枠の設置に向け米国を説得できていません。

米国は2018年5月8日、イランが核合意を完全履行する状況下で合意から一方的に離脱、イランに対する圧力や制裁を日々強化しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント