2019年09月18日18時55分
  • クリスティーヌ・ラガルド氏
    クリスティーヌ・ラガルド氏

欧州議会は、現職のIMF国際通貨基金専務理事のクリスティーヌ・ラガルド氏の欧州中央銀行総裁就任を承認したことを発表しました。

フランス通信が、同国ストラスブールから報じたところによりますと、欧州議会は17日火曜、賛成394票、反対206票、棄権49票でラガルド氏をドラギ現総裁の後任とすることを承認しました。

この投票は非公開で行われました。

ドイツ・フランクフルトに本拠を置く欧州中央銀行の総裁の交代劇は、今月12日にドラギ現総裁が国債などを大量に買い入れる量的緩和策の再開を決め、欧州中央銀行の内部対立が最高潮に達している中で行われます。

この政策には、ドイツが最も強い反対を示しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント