2019年09月22日21時33分
  • トランプ大統領
    トランプ大統領

ドイツの全国紙ディー・ツァイトが、「アメリカのトランプ大統領は、緊張の激化を阻止すべく、協議の席および核合意に復帰すべきだ」と報じました。

ディー・ツァイトは、トランプ大統領の外交政策に関する記事において、「トランプ大統領は、全く予断を許さない人物であり、その行動は常に緊張を扇動している」としています。

また、ペルシャ湾におけるアメリカの最近の緊張扇動行為に触れ、「トランプ大統領の対イラン制裁は、有効がない」としました。

トランプ大統領は昨年5月8日、核合意に一方的に違反し、この国際合意からアメリカを離脱させるとともに、核関連の対イラン制裁を復活させました。

トランプ大統領のこの行動は、アメリカ国内はもとより世界でも大きく非難されています。

アメリカは核合意離脱後、イランに対する圧力行使に全力を上げています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント