2019年09月28日18時27分
  • アフガニスタン大統領選挙で投票所に足を運ぶ人々
    アフガニスタン大統領選挙で投票所に足を運ぶ人々

アフガニスタン全域でおよそ3万カ所の投票所の支所において大統領選挙の投票が実施されています。

IRIB通信によりますと、計5000カ所の投票所本部のうち、1500カ所は保安上の脅威が懸念され、およそ450カ所は保安上の問題から開所されないだろうということです。

今回の大統領選挙には12人の候補者が出馬し、有力候補は現職のガニ大統領と挙国一致政府のアブドラ・アブドラ行政長官の二人と見られています。

アフガニスタンでの大統領選挙

また、これまでの選挙と同様にアフガニスタンの反体制組織タリバンが、今回の選挙期間中に攻撃を行うとして脅迫しており、アフガン国民に対し自宅に留まり、投票に出向かないよう求めています。

アフガニスタンでは、28日土曜、首都カーブルをはじめ、カンダハル州やヘルマンド州、ニムロズ州、ナンガルハル州などで爆弾テロ事件が多発しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント