10月 01, 2019 20:48 Asia/Tokyo
  • 国連のマーチン・グリフィス・イエメン担当特使
    国連のマーチン・グリフィス・イエメン担当特使

国連のマーチン・グリフィス・イエメン担当特使が1日火曜、イエメンの首都サヌア入りしました。

グリフィス国連特使の今回のイエメン訪問の一方、イエメンのシーア派組織アンサーロッラーが最近、サウジアラビアへのミサイル・無人機による攻撃の停止に関する停戦案を歓迎し、それを重要な行動としています。

イエメンの政治高等評議会のアル・マシャート議長は最近、停戦を宣言することで、サウジアラビアに対し停戦を呼びかけると共に、「サウジアラビアは停戦の機会を活用するべきだ、と強調しました。

アンサーロッラーは30日月曜にも、一方的な行動の中で、捕虜交換に関する条約に基づき、290人の捕虜を解放しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント