10月 14, 2019 20:27 Asia/Tokyo
  •  自殺
     自殺

WHO世界保健機関が、ウガンダでの全死亡者の約1割が自殺によるものとする報告を発表しました。

ウガンダの国営日刊英字紙ニュービジョンは14日月曜、WHOの報告を掲載し、世界中で毎年80万人が自殺で死亡しており、ウガンダでは全死亡件数の10%が自殺と報告されていると伝えました。

ウガンダのカンパラにあるWHO付属精神疾患患者センターのデリック・キザ事務局長は、「多くのアフリカ諸国ではエイズが死亡原因の筆頭にあるが、ウガンダではこの数字は6.2%に留まる。死亡率が最も高くなっているのは貧困層の自殺によるものだ」と語っています。

また、「ウガンダの多くの人々は自殺がタブーとされていることから、家族の死因を公表しない。自殺の多くは遠隔地や秘密の場所で行われ記録に残らないため、同国の9.9%という自殺率も正確ではない。実際の数値はこの値よりかなり高くなる」と話しています。

WHOの発表によりますと、世界の自殺率は2010年~2016年に9.8%減少していましたが、米大陸では逆に増加しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント