2019年10月16日18時23分
  • サンダース議員
    サンダース議員

2020年の米大統領選への出馬を表明している民主党のサンダース上院議員が、「トランプ大統領は米史上最も腐敗した大統領だ」と語りました。

CNNによりますと、サンダース議員は米オハイオ州で開かれた民主党大会の4日目、「トランプ大統領は、2016年の米大統領選をめぐるロシア疑惑に関連して、ロバート・ムラー米特別検察官の捜査を妨害した」と指摘しました。

サンダース議員はまた、「トランプ大統領はウクライナゲート事件でも、来年の大統領選で自身にとって最大の対抗馬とされる民主党ジョー・バイデン前副大統領に汚点をつけようとしていた」と訴えました。

バイデン氏も、「自分は当初から、トランプ大統領が議会の捜査プロセスを妨害するなら、彼の弾劾が開始され、トランプ外しに向けて努力することを考えていた」と話しています。

バイデン氏はサンダース議員に同調し、「トランプ大統領は米史上最も汚職に手を染めた大統領だ」と批判しました。

ウクライナゲート事件=トランプ大統領とウクライナのゼレンスキー大統領との電話でのやりとりが発覚したことを受け、米下院のペロシ院内総務はトランプ大統領の弾劾に関する捜査の開始を指示しました。

この電話のやり取りにおいて、トランプ大統領はゼレンスキー大統領に対し、バイデン氏の息子ハンター・バイデン氏のウクライナにおける不正行為に関して調査するよう要求しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント