2019年10月19日00時40分
  • 韓国学生ら駐韓米大使公邸に侵入 米軍駐留費増額要求を批判
    韓国学生ら駐韓米大使公邸に侵入 米軍駐留費増額要求を批判

韓国の革新系団体に所属する大学生ら17人が18日、ソウル市内の米大使公邸の敷地に侵入し、米国が在韓米軍駐留費の負担増を韓国に要求していることを批判しました。

共同通信がソウルから伝えたところによりますと、警察は建造物侵入容疑で17人の身柄を拘束しました。外務省は関係部署に米大使館や公邸の警備強化を要請しました。

報道によりますと、学生らははしごを使って塀を乗り越え敷地内に侵入、公邸の建物前で負担増反対を叫んだということです。

米韓は2020年以降の在韓米軍駐留費の負担割合を巡る協議を始めていますが、交渉が難航しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント