2019年10月21日21時27分
  • カシミール地方におけるシーア派追悼行事
    カシミール地方におけるシーア派追悼行事

インドの実効支配下にあるカシミール地方で、地元のイスラム教徒が大勢参加して、アルバイン(=シーア派3代目イマーム・ホサインの殉教40日忌)の儀式が開催されました。

ファールス通信によりますと、インド側の治安部隊による厳しい取締りの中、カシミール地方の数千人のシーア派教徒が20日日曜、アルバインの儀式を盛大に執り行いました。

人々は、イマーム・ホサインやその教友らの名前、そしてイスラムのスローガンが書かれた旗を掲げました。

さらに、イランイスラム共和国の建国者ホメイニー師や同国イスラム革命最高指導者ハーメネイー師らの肖像画も見られました。

 

今月19日はイスラム暦1441年サファル月20日にあたり、イマーム・ホサインとその教友らがイラク・カルバラーで殉教してから40日目のアルバインの日です。

イマーム・ホサインとその教友らはイスラム暦61年(西暦680年)モハッラム月10日にカルバラーの地で殉教しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント