2019年11月10日21時02分
  • アメリカ各地での銃撃事件
    アメリカ各地での銃撃事件

アメリカの銃による暴力の統計センターが、同国各州で発生した銃撃事件により、合計20人が死亡したことを明らかにしました。

IRIB通信が報じたところによりますと、アメリカの銃による暴力の統計センターは10日日曜、アメリカ国内で過去24時間に55件の銃撃事件が発生し、これにより少なくとも20人が死亡、ほか34人が負傷したとしています。

また、これらの銃撃事件多くはオハイオ州、カンザス州、ノースカロライナの各州で発生したとされています。

さらに、様々な報道によれば、過去48時間では全米各地で計135件の銃撃事件が報告されており、この中で51人が死亡、78人が負傷したということです。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント