2019年11月14日23時26分
  • トランプ現大統領
    トランプ現大統領

アメリカでのある世論調査の結果、2016年の同国大統領選挙でのトランプ現大統領の当選に大きく寄与した諸州が、今度は同大統領の弾劾を支持していることが明らかになりました。

タスニーム通信によりますと、世論調査会社Priorities USAが実施した世論調査の結果、アメリカのフロリダ州、ミシガン州、ウィスコンシン州、ペンシルベニア州で、トランプ大統領の弾劾を支持する人の割合が大きく増えていることが判明しています。

この世論調査では、回答者全体の49%がトランプ大統領の弾劾・解任を支持しており、45%が反対しています。

また、フロリダ州ではトランプ大統領にとって最悪の結果となっており、回答者の51%が同大統領の弾劾を支持しており、45%が反対という結果になっています。

ミシガン州でも、弾劾への賛成派が50%、反対派が45%となっています。

一方、ウィスコンシン州では弾劾への賛成派と反対派の差が少なくなっており、48%が支持、45%が反対しているほか、ペンシルベニア州でも賛成派が47%、反対派も47%となっています。

これらの4つの州は、前回の大統領選挙でトランプ氏を支持していました。

アメリカ議会の民主党派は、今年7月のトランプ大統領とウクライナのゼレンスキー大統領との電話での通話内容が発覚したことで、トランプ大統領の弾劾へ向けた調査を開始しました。

いわゆるウクライナ・ゲート事件として知られるこの電話でのやり取りにおいて、トランプ大統領はゼレンスキー大統領に対し、来年の大統領選挙での最大の対抗馬であるジョー・バイデン氏とその子息の司法上の問題に見解を示すよう、圧力をかけています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント