12月 04, 2019 18:41 Asia/Tokyo
  • 米議会下院
    米議会下院

米議会下院が、G7(先進国首脳会議)へのロシアの復帰をめぐり非難決議を採択しました。

米国の政治専門紙ザ・ヒルの情報サイトによりますと、米下院はこの決議を賛成339票、反対71票で採択しました。

米下院はこの議決の中でG7に対し、ロシアがクリミア半島占領を止めた場合に限りG7復帰に同意するよう求めています。

この決議書を提起したのは、下院民主党のアルビオ・シラズ議員です。

来年6月に米国で開催予定のG7首脳会合に“ロシアの復帰”を求める案は、今年8月のG7サミットで提起されており、米トランプ大統領もロシアのG7復帰は好ましいとの見解を示していました。

第46回G7サミットは、ドイツ、アメリカ、フランス、イタリア、日本、イギリス、カナダの首脳が出席して来年6月10日~12日、米メリーランド州にある同国大統領の別荘・キャンプデイヴィッドでの開催が予定されています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ