12月 05, 2019 20:10 Asia/Tokyo
  • 北朝鮮のキム・ソン国連大使
    北朝鮮のキム・ソン国連大使

北朝鮮が国連安保理に警告的な内容の書簡を送付し、「安保理で北朝鮮の人権状況を検討することは挑発行為である」としました。

安保理理事国は、今月中に北朝鮮での人権状況を検討する会合を開催する予定です。

北朝鮮のキム・ソン国連大使の書簡では、「安保理会議は、アメリカの敵対的な政策を公然と支持するひとつの陰謀となるだろう」とされています。

キム大使はまた、「北朝鮮はあらゆる陰謀に対処する用意がある」とし、「この問題は、朝鮮半島での緊張緩和のプロセスに寄与せず、逆にこれを弱体化させることになるだろう」としています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント