12月 11, 2019 04:53 Asia/Tokyo
  • フランスで、全国的なストライキが実施
    フランスで、全国的なストライキが実施

フランスで、労働組合などによる全国的なストライキが6日目に突入しました。

イギリスの新聞ガーディアンによりますと、フランスの各組合は10日火曜、抗議デモの新ラウンドを開始しています。

フランスのフィリップ首相は、「政府は11日水曜、年金制度改正に関する自らの計画の詳細を発表する」と語りました。

もっと読む;フランス政府、年金制度改革法案に固執

地元メディアの報道によりますと、フランス市民は年金制度のみならず、低賃金や政府によるサービスの状況、政府の無配慮に不満を抱いているということです。

さらに、10日にはストライキの影響がフランスの公共の交通機関にもおよび、鉄道の往来が停止され、また空の便の一部が欠航となったほか、パリ市内の20の地下鉄路線が運休し、パリ周辺の街道では渋滞が300キロにも及んでいます。

教職員や病院の職員、消防署員、航空路線管理関係者、そしてその他の政府系部門の労働者らは、鉄道・運輸部門の職員らのストライキに加わる意向です。

複数の報道によれば、フランス国内での現在のストライキは、今月5日から始まり、昨年から続いている反政府運動・「黄色いべスト」運動よりもさらに大規模だということです。

鉄道の往来が停止されています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント