12月 12, 2019 19:25 Asia/Tokyo
  • 中国とアメリカの国旗
    中国とアメリカの国旗

中国の馬朝旭(ば ちょうきょく )外務次官が、香港の行政区政府の変更を目的としたアメリカの干渉行為を非難しました。

香港の英字紙サウスチャイナによりますと、馬朝旭次官は12日木曜、「アメリカは、人権擁護を口実に中国や香港の内政に干渉しており、カラー革命を起こさせようとしている」としました。

また、アメリカを政情不安の元凶だとして、「アメリカは人権を口実に、中国に打撃を加え、自国の利益を確保しようととしている」語りました。

香港では5ヶ月前から、中国本土への容疑者の引渡しを可能にする「逃亡犯条例」の改正案に抗議する運動が開始されていますが、アメリカとイギリスがこの問題を手段として利用し、香港での抗議の炎に油を注いでいます。

アメリカ下院も最近、中国北西部新疆ウイグル自治区の市民の人権を侵害したとして、中国政府高官の一部を制裁の対象としています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-61496028

タグ

コメント