12月 12, 2019 20:11 Asia/Tokyo
  • 北朝鮮のミサイル実験
    北朝鮮のミサイル実験

アメリカが北朝鮮に対し、長距離弾道あるいは核ミサイル実験が同国に重大な結果をもたらす、として改めて警告しました。

ファールス通信によりますと、アメリカのケリー・クラフト国連大使は11日水曜、安保理会議において、「北朝鮮によるミサイル実験は、トランプ米大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長が議題にしていた目的を達成する道筋において建設的なものとはならず、北朝鮮にとって重大な結果をもたらすだろう」と述べました。

同氏のこの発言は、アメリカと北朝鮮による協議が行き詰まる中でされました。

クラフト大使はまた、「事態が別の方向に進むなら、安保理は北朝鮮に対し行動を起こす準備をしなければならない」と警告しました。

これに先立ち、アメリカのトランプ大統領はツイッター上で北朝鮮がミサイル実験報道を受け、「実験を続けるなら、キム委員長が『敵対的行為』と呼んだ対朝鮮制裁で、同国は全てを失うことになるだろう」と語りました。

北朝鮮はこの発言に対し、米朝対話を謳いながら制裁強化を行うトランプ大統領には一貫性がないとして、「北朝鮮には、失うべきものはそれほどない」と応酬しました。

アメリカのトランプ大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長は、これまでにシンガポール、ベトナム、南北朝鮮の軍事境界線地帯にて3回にわたり会談していますが、アメリカが北朝鮮に対する約束を履行しないために、米朝協議は決裂しています。

北朝鮮は、米軍の朝鮮半島駐留に反対しており、アメリカに対し今年末までに協議への復帰と対北朝鮮制裁の解除について行動を起こすように求め、さらに「これを実施しない場合には、その結果の全てを覚悟すべきだ」と警告しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-61496028

タグ

コメント