12月 14, 2019 15:12 Asia/Tokyo
  • 韓国での反米デモ
    韓国での反米デモ

韓国・ソウルで市民が反米デモを開催し、在韓アメリカ大使の国外退去を求めました。

イルナー通信によりますと、怒りをあらわにした韓国市民数千人が13日金曜、在韓米軍の駐留費用負担増を迫る米国に反発し、ソウル市内にある米大使館前に集結しました。

抗議者たちは、大使館の建物に物を投げつけ、駐韓米大使の肖像画を破るなどしました。

さらに、反米スローガンを唱え、「米国は韓国を植民地にできない」と訴えました。

米国は、韓国が負担する在韓米軍の年間経費8億9000万ドルを50億ドルにまで増やしたい考えです。しかし、韓国側はこれに応じず、この問題をめぐる米韓協議は何度も決裂しています。

現在、韓国には2万8500人の米軍が駐留しています。

韓国市民は、米軍の韓国駐留に反対しており、これまでに何度も抗議デモを開催して在韓米軍の撤収を求めています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント