12月 14, 2019 21:30 Asia/Tokyo
  • イランと韓国の国旗
    イランと韓国の国旗

アメリカが、イランへの人道分野の物資の輸出には問題がないと主張する中、韓国当局が、人道分野であっても自国通貨でのイランへの輸出に支障をきたしていることを明らかにしました。

韓国ヨンハプ通信は、同国政府が現在、イランへの人道物資輸出の再開に関して米国と協議中であることを伝えました。

また、イランへの医薬品を初め人道分野の物品の輸出をめぐり、イラン・韓国間の送金が、イラン中央銀行に対する米国の制裁のあおりを受けて9月から不能となっていると指摘しました。

韓国紙は14日土曜、「イラン政府は同国駐在の韓国大使に対し、イランへの人道分野の物資の取引の再開を求めた」と報じました。

韓国外務省のある関係者は、「イラン側は我々に事情を説明し、我々とこの問題に関して協議している。われわれは米国やイランと協議中だ。特別金融システムを介しての医療サービスなどの人道分野の輸出を再開できるようにしたい」としました。

ヨンハプ通信はまた、米国による制裁の強化を“圧政的”とし、人道分野の物資を米国の制裁対象から外すよう求めています。

韓国問題に詳しい情報筋によれば、先週韓国の外務省、財務省、産業通商資源省の関係者が渡米し、この問題に関して米政府関係者と協議したということです。

さらに、「イラン中央銀行は先週、韓国の中央銀行や産業銀行などで韓国通貨による口座を開設、口座は原油取引やその他の人道分野の物資の取引の決済にも使用する」と報じました。

今年7月にも韓国の政府関係者が米側の関係者と協議し、イランに対する人道分野の物資の輸出をめぐり協議していました。

韓国が、医薬品など人道分野の物品をイランに輸出できなくなる一方で、米政府関係者は人権や人道支援を唱えるジェスチャーにより、人道分野の物資は制裁の対象に含まれないと主張しています。

今年4月、米国は韓国や日本を初めとする数カ国への制裁適用外を撤廃しました。その後、イランに対し人道関連分野の物資を輸出する企業は多くの困難に遭遇しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http:// https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント