12月 29, 2019 19:22 Asia/Tokyo
  • アメリカと中国の国旗
    アメリカと中国の国旗

中国が、同国の企業に対するアメリカの来年度防衛予算の影響への対抗を強調しました。

イルナー通信によりますと、中国商務省は声明の中で、「中国は、アメリカの防衛予算が中国系企業にマイナスの影響を与えることを許さない」と表明しています。

同省はまた、中国の企業を初めとした各国に対するアメリカの制裁を非難し、「この行動は、他国への内政干渉に等しい」としています。

中国商務省の高峰(ガオ・フォン)報道官も記者会見において、「中国製品の輸入制限や中国企業に対する制裁の強化は、これらの企業の活動に対するアメリカの干渉行為の実例である」と語りました。

アメリカの来年度の防衛予算額は7380億ドルで、その予算案の一部では、アメリカが台湾との軍事関係を強化し、中国の通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)に対する制裁解除のスピードを急落させると明記されています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http:// https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント