1月 19, 2020 20:18 Asia/Tokyo
  • ミサイル実験を視察するキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長
    ミサイル実験を視察するキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長

アメリカのジョン・ハイテン統合参謀本部副議長が、「北朝鮮は地球上で最も急速に武器開発を発展させている」として、「北朝鮮のミサイル実験は、現職のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の時代に発展した」と語りました。

NHKによりますと、米軍制服組ナンバー2のジョン・ハイテン統合参謀本部副議長は19日日曜、「北朝鮮は、キム・イルソン初代最高指導者の時代には、9回しかミサイル実験を行っていなかったが、キム・ジョンウン現委員長の父親のキム・ジョンイル氏の時代には22回に達している」と述べています。

また、「現職のキム委員長の時代における北朝鮮のミサイル実験の回数は、67回に増加しており、このことは北朝鮮の核兵器獲得の迅速さを物語っている」としました。

さらに、「北朝鮮はほかのどの国よりも迅速に新型ミサイルを製造し、新戦力や新兵器を増やしている」と語っています。 北朝鮮は昨年、およそ14回のミサイル実験を実施しました。 北朝鮮はまた、2020年の年明けを前に、これまでにない規模の実験を行う事を示唆していましたが、これはまだ実施されていません。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント