1月 21, 2020 17:12 Asia/Tokyo
  • 米国防総省の最新型無人機
    米国防総省の最新型無人機

アメリカの最新型無人機が、初の試験飛行中に墜落し、行方不明となっています。

ロシアのスプートニク通信が20日月曜、報じたところによりますと、アメリカ国防高等研究計画局で製造された無人機X-61A GREMLINSが輸送機C-130から発射され、試験飛行を開始したところ、着陸に失敗しました。

この無人機は、アメリカの航空宇宙・防衛企業ダイネティクス(Dianetics)社が米国防高等研究計画局のDARPAプログラムの枠内で航空機内から発射され飛行できるように設計されています。

米国防総省の関係者は、「今回の試験の最後に無人機のエンジンを切り、減速用ドローグパラシュートが開いて、着陸する予定だったが、ドローグパラチュートシステムが機能を失ったため、無人機は墜落し、その後消息不明となっている」としています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント