1月 22, 2020 21:55 Asia/Tokyo
  • フランス最大の水力発電所が稼動停止
    フランス最大の水力発電所が稼動停止

フランスで、年金制度改正に反対するストライキの影響で、同国最大の水力発電所が稼動停止に追い込まれました。

フランスのBFHTVによりますと、同国最大の労組は21日火曜、「フランス・イゼール州にある同国最大の水力発電所が、年金制度改正への抗議行動・ストにより運転が停止された」と発表しました。

この報道によれば、この水力発電所は、同国の総発電量の9%をまかなっているということです。

仏労組は、生産・電力供給分野での抗議行動を継続しています。

フランスでは、昨年12月3日から数千人の教職員や労働者が、同国マクロン大統領による年金制度改正に抗議し、過去数十年で最大規模のストライキを展開しました。

同国では加えて、2018年11月から毎週土曜恒例となった「黄色いベスト」運動も実施されています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント