1月 26, 2020 18:37 Asia/Tokyo
  • 新型肺炎がカナダに
    新型肺炎がカナダに

中国および世界各国で新型コロナウイルスの患者が増加する中、カナダ政府も同国内で最初の感染者が確認されたことを発表しました。

中国の新華社通信によりますと、カナダ東部オンタリオ州の公衆衛生局関係者は、「ウイルス発生地とされる中国の武漢市から先日同州へ戻った50代の中国人男性が、到着数日後に新型肺炎と思われる症状を訴えた」と発表しました。

公衆衛生当局は、この患者の氏名や住所は明らかにせず、現在公立病院で治療中であり、症状は安定しているとしました。

カナダ政府は、この新型ウイルスの蔓延により、2003年に国内で44人が亡くなった重症急性呼吸器症候群(SARS)の危機が繰り返されることを恐れています。

中国ではこれまでに、新型コロナウィルスによる肺炎で少なくとも56人が死亡、1975人が感染しています。

また、このウイルス感染例は中国のほかに、日本、韓国、台湾、インド、アゼルバイジャン、オールトラリア、アメリカ、フランスなどで報告されています。

新型コロナウイルスの発生地とされる中国・武漢市では、同ウィルスの感染が急速に拡大しており、中国当局はおよそ5400万人を検疫所で検査しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ