2月 01, 2020 20:12 Asia/Tokyo
  • メルケル首相
    メルケル首相

ドイツのメルケル首相が、イギリスのEU離脱・ブレグジットに遺憾の意を表明しました。

メルケル首相はさらに、「この問題による影響に対処するため、EU加盟の27カ国はいかなる努力や措置も惜しまない」と語りました。

英国は3年間に及ぶ同国政府と議会の論争や対立、協議の末、現地時間の31日金曜午後23時、正式にEU加盟国としての存在に終止符を打ちました。

ジョンソン首相は「この日英国は夜明けとともに新たな舞台の幕を開けた。国家として真の再生と変革の瞬間を迎えた」と表明しました。

この離脱と同時に、ベルギー・ブリュッセルにあるEU本部など、同組織に属する各機関に掲揚されていた英国旗が取り外され、欧州旗に替えられました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント