2月 04, 2020 17:09 Asia/Tokyo
  • 新型コロナウイルスの蔓延
    新型コロナウイルスの蔓延

中国外務省報道官は、アメリカは新型コロナウイルスの蔓延以来、恐怖感をあおるばかりで、中国に対して何の手助けもしていない、と批判しました。

新型コロナウイルスの蔓延に対する米国の反中国的姿勢に対して、中国当局の批判が続く中、華 春瑩(か しゅんえい)報道官は、「アメリカは、この病気との戦いにおいて『実質的な支援』を中国に提供していない」と述べました。

華報道官は、国際社会が特にこのウイルスに起因する状況に、論理的かつ冷静に、そして自己の論理に基づき対応することへの希望を表明しました。

華 春瑩 報道官

 

中国政府は、これまで新型コロナウイルスに対する米国政府の姿勢に不満を表明しており、このウイルスとの戦いに向けたアメリカの支援の申し出を拒否していました。

中国はまた、新型コロナウイルスとの戦いをきっかけに、アメリカ当局者の「非人道的な」発言を批判し、これは善意とは反対のものだとしました。

中国で新型コロナウイルスが猛威を振るう中で、アメリカに対する中国外務省の鋭い批判は、米国商務長官が「コロナウイルスの蔓延がアメリカに仕事と資本を取り戻すだろう」と語った、物議を醸す立場表明に対して出されたものです。 

中国で新型コロナウイルスによる危機が出現したことで、WHO世界保健機関は緊急事態を宣言し、効果的な抗ウイルス薬の開発に協力することで、このウイルスをコントロールしようと国際社会の支援を求めました。

新型コロナウイルスが中国国内の諸都市に拡散することを防ぎ、他の諸国への拡散を防ぐため、多数の諸国は衛生用品を中国に送付する体制が整っているにもかかわらず、米国への資本流入に対する今回の中国の危機の影響についての商務長官のスタンスは、アメリカの非人道的かつ日和見的な見通しにより、これまでに中国では少なくとも数百人、他の諸国でも数人の感染者の命を奪っており、 国際社会は重大な健康危機にさらされる可能性があります。

新型コロナウイルスの蔓延後の中国の現在の状況に対する国際社会の世論の懸念と、中国で危機にさらされている人々に何らかの援助を提供したいという国際社会の人々の感情にもかかわらず、アメリカの日和見主義とビジネス視点は、この現象が人間の健康をターゲットとしていることから、まったく醜く、非難されるべきことです。

2018年3月以降、中国との大規模な貿易戦争を繰り広げてきたアメリカは、非人道的なアプローチで、現在の中国のコロナ危機の状況を、外国資本を取り込み、中国を追い越す機会であるとみています。中国での公衆衛生を確保する条件が複雑な中で、アメリカは中国の状況に対する圧倒的な欲求を明確に示しましたが、これは人道的観点からは強く非難されるべきものです。

米国商務長官による非人道的な声明が出された中での米国政府の中国への援助の申し出は、中国政府によって拒否されました。一国で健康危機が出現し数百人の人命が奪われていることをビジネスチャンスとする捉え方は、資本の誘致に関して中国に先んじる下地を作れるという、アメリカ政府当局者の卑劣さを改めて暴露した形となっています。

中国のコロナ危機に対する米国務長官の熱意と、中国がこのウイルスをコントロールししきれていないことを声高に叫ぶアメリカのプロパガンダは、一つの健康的、人道的危機減少に対するアメリカの日和見的政策の両面であり、倫理基準とはまったく対照的です。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント