2月 16, 2020 06:17 Asia/Tokyo
  • THAAD高高度ミサイルシステム
    THAAD高高度ミサイルシステム

韓国国防省が、「アメリカとは、THAAD高高度ミサイルシステム発射台の移動・移転の可能性に関する協議はなされていない」としました。

韓国・ヨンハプ通信によりますと、同国国防省のチョ・ヒュンス報道官は15日土曜、「韓国とアメリカは、THAAD高高度ミサイル防衛システム発射台あるいは砲兵隊の移動、およびソンジュ基地からのそれらの移動に関しては全く協議していない」と語っています。

これ以前に、アメリカミサイル防衛局が、このミサイル防衛システム作戦の融通性の拡大を目的とした、韓国中部ソンジュからのTHAAD発射台の移動および、他の地域への移送の可能性を明らかにしています。

この計画は、アメリカ政府が最近10億ドルの予算を要求している韓国のTHAAD砲兵隊7や、世界の数箇所にある関連装備の最新鋭化を目指す、アメリカの計画の一環として提起されています。

こうした中、北朝鮮は最近改めて、韓国によるアメリカ産兵器の輸入増加を批判し、このような行動は朝鮮半島での戦争勃発の危険を増やす事になる、としています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント