2月 18, 2020 17:32 Asia/Tokyo
  • サイバースパイ
    サイバースパイ

中国外務省の耿 爽(こう そう)報道官が、アメリカは世界最大の国家単位のサイバースパイであると強調しました。

イルナー通信が18日火曜報じたところによりますと、耿 爽報道官は、「アメリカは勇気をもってこの問題に対処し、自らが他国に対して行っている大規模なスパイ活動について釈明すべきだ」と語りました。

また、アメリカは1日当たり全世界で50億台の携帯電話をハッキングし、その情報を収集しているとし、「アメリカは年間300万台の中国系企業のパソコンをハッキングしている」と語りました。

耿 爽報道官のこの表明は、アメリカ中央情報機関CIAが他国へのスパイ活動のため、スイスの企業Crypto AGを使用したとする報道が流されたことを受け、行われたものです。

CIAは、スイスの暗号機器メーカーCrypto AGの機器を使用した世界120カ国の機密通信を秘密裏に入手していました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-61496028

タグ

コメント