3月 16, 2020 15:47 Asia/Tokyo
  • CDCアメリカ疾病予防管理センター
    CDCアメリカ疾病予防管理センター

CDCアメリカ疾病予防管理センターが、同国で新型コロナウイルス感染により20万~170万人の死者が出る可能性があると警告しました。

英紙インディペンデントによりますと、CDCは最悪の場合、新型コロナウイルスの脅威が数か月~1年続き、米国での感染者は最終的に1億6000万~2億1400万人になるだろうと予測しました。

この予測では、およそ2100万人が入院を余儀なくされるものの、米国内の医療施設は92.5万人の収容能力しかなく、さらに急性の症状に対応できるのはそのうち1割だとしています。

このデータは、世界各地の大学の疫学研究者などの専門家50チームによって調査されたものです。

国連本部があり世界各国の外交官が駐在するニューヨーク市当局も、同市での新型コロナウイルスの脅威はおそらく今年9月末~10月ごろまで続くだろうと警告しています。

当局はさらに、国連駐在の外交官らに向けて市内での感染拡大を警告しています。

米国では、これまでに3782人が新型コロナウイルスに感染し、69人が死亡しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

http://youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ