3月 27, 2020 06:59 Asia/Tokyo
  • ニューヨークでの新型コロナウイルスの急激な拡大
    ニューヨークでの新型コロナウイルスの急激な拡大

米ニューヨークでの新型コロナウイルス感染の状況は、まるで第三世界での筋書きのようだと、テレビチャンネルCNNに同市の病院に勤務する医師が語りました。

スプートニク通信によりますと、匿名のある医師は、「私たちはニューヨークにいると思っているだけで、そこはこんな状況にある。それはまるで第三世界のある国で事態が進展する筋書きのようだ。2週間前に生活は一変した」とテレビの取材で語りました。

ジョンズ・ホプキンズ大学のデータでは、ニューヨークでは現在、2万人超が感染し、280人が亡くなったことが明らかになっています。2週間前に95の発症例が発表され、その時点では死亡者はいませんでした。

医師は、「私たちのところに陽性反応の2人の患者が運ばれ、その後、本当の地獄がはじまった。私たちには人工呼吸器のような機器や病床はない」と語りました。

同医師によれば、病院は「たくさんの患者を受け入れる準備がまったくできておらず、病院のスタッフが消耗した」。

また同医師は、当初、病院には70代の年齢層の患者群が運び込まれたが、この数週間ではより若い50代の発症者の数が増加しました。

また、テレビチャンネルCNNは、ニューヨークのベルビュー軍医療センターには、「潜在的に検死数が増加する可能性から、保冷車とテントを利用した一時的な遺体安置所が用意された」と報じました。

ニューヨークの保健機関は、あらゆる結果の可能性に備え緊急対応プランの実行に着手したとCNNは強調。こうしたプランは2001年9月11日のテロ以降に準備されました。

25日、ニューヨークを含めた3州が、遺体安置所の作業スタッフが不足していることから連邦サービスに援助を要請しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント