4月 05, 2020 20:10 Asia/Tokyo
  • 米ニューオーリンズの霊安室が、新型肺炎の死亡者の遺体で満杯に  
    米ニューオーリンズの霊安室が、新型肺炎の死亡者の遺体で満杯に  

米ルイジアナ州南部ニューオーリンズのラトヤ・カントネル市長が、同市内の霊安室が新型コロナウイルスによる死亡者の遺体で満杯となり、もはや空きがないことを明らかにしました。

CNNによりますと、カントネル市長はニューオーリンズ市内の法医学センターや遺体安置所は、これ以上の遺体の収容ができない状態だとしています。

また、「連邦政府に対し、遺体保管用の予備の冷蔵室を用意するよう依頼した」と語っています。

ニューオーリンズでは既に、およそ7000人の新型コロナウイルス感染者が確認されています。

アメリカ・ジョンズホプキンズ大学の統計によりますと、アメリカでの新型コロナウイルスの感染者数は31万1637人に増えており、このうちこれまでに8454人が死亡したとされています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント